保育士求人のTOPコラム保育士さんのお仕事 > 保育園・幼稚園でのプール遊びで注意すべきポイントと事故防止対策について~楽しく安全に水遊びをしましょう♪~

保育園・幼稚園でのプール遊びで注意すべきポイントと事故防止対策について~楽しく安全に水遊びをしましょう♪~

夏の保育といえば、子どもたちが大好きな「プール」!じつはプール遊びは、避暑として遊ぶだけが目的の保育ではありません。健康づくりの一環であり、水に親しみながらお友だちとのコミュニケーションを図ったり、水が苦手な子には挑戦する気持ちを育んだりと様々なことを学べる保育なのです。
一方でプールは事故が起きやすい側面もあり、常に危険とは隣り合わせ。2017年の夏にも痛ましいプール事故が保育園で起きてしまいました。そのため一部の保護者からはプール遊びを禁止して欲しいという声も上がっているようです。しかし、危険だからといって何でも禁止してしまうと、子どもたちが学べることも学べません。きちんとプール遊びの危険性を知り、事故の防止対策を講じることが重要です。そこで今回はプール遊びについて、楽しく遊ぶためのプールの注意点や事故を防ぐための対策をご紹介します。

【最新】プール事故の3つの事例

まずは、過去に起きてしまった保育園、幼稚園でのプール事故の事例を見てみましょう。このような事故が2度と起きてしまわぬように心に刻んでおくことが大切です。

プール事故事例① 埼玉県さいたま市のプール死亡事故(2017年8月24日)
さいたま市の認可保育園「めだか保育園」のプールで園児の赤沼美空(みく)ちゃん(4)が死亡した事故で、黛(まゆずみ)秋代園長(67)は26日、記者会見し、プールを監視していた保育士2人が事故発生時には園児らから目を離していたことを明らかにした。埼玉県警は保育園の対応に問題がなかったかを調べている。
黛園長によると、事故が起きた24日は今夏のプール最終日で、保育士2人は園児をプールの端に集め、取り付けていた滑り台を片付けていた。その際、園児から目を離し、作業後に他の園児が指さす先を見ると、水面に美空ちゃんが浮いていたという。黛園長は「目を離した時に事故が起きた。(片付けと水遊びを)一緒にすべきではなかった」と述べた。
引用出典:朝日新聞デジタル

保育士は2人いたものの、プール遊びを監視する保育士は一人しか配置しておらず、国のガイドラインに反し安全管理義務を怠ってしまったとされます。さらに、仮設式のプールだったことも溺れやすかった可能性が考えられています。また、この国のガイドラインは下述の2011年の神奈川県大和市の幼稚園プールで起きた男児の死亡事故がきっかけとなり内閣府が2016年から策定したものとなります。

プール事故事例② 神奈川県大和市のプール死亡事故(2011年7月11日)
11日午前11時半ごろ、大和市大和東1丁目の大和幼稚園の室内プールで、水遊びをしていた年少組の園児がうつぶせで浮いているのを、女性教諭(23)が見つけた。園児は搬送先の病院で午後2時ごろ、死亡が確認された。大和署が原因を調べている。
同署などによると、死亡したのは同市鶴間の会社員の男性(36)の長男(3)。プールは直径約4・75メートル、深さ約65センチ。園側は事故当時の水深を20センチほどと説明している。
事故の10分ほど前から年少組の2クラスの園児計29人が入り、ビート板や浮輪などで遊んでいたという。1クラスが先生の合図で水から上がると、ほぼ中央で長男が浮いていたという。別の女性教諭(21)らが引き上げた。

園側は蘇生措置を施し、近くの医療機関に運び込んだという。医療機関は午前11時55分ごろ、119番通報で市消防本部に別の病院への転院搬送を依頼し、午後0時10分ごろ市立病院に到着。長男は心肺停止状態だったといい、午後2時ごろ死亡が確認された。目立った外傷はなく、同署は事故と病死の両面で捜査している。12日に司法解剖し、死因を調べる。
同園長は「(長男は)水を吐き、目を少し開けていたので、園医でいろいろな処置を一生懸命していただいた。帰らぬ命となり、ご両親へのおわびで胸が張り裂けそうです。皆さまにご心配をお掛けしたことをおわび申し上げます」などと文書でコメントした。
引用抜粋:神奈川新聞

当時3,4歳児の年少2クラス計29名の水遊びを2名の幼稚園教諭が指導にあたりましたが、一人は園児と一緒にプールに入っていたため実質監視役の教諭は一人だけという現状だったそう。そして残念なことに男児は、少なくとも約2分間溺れた状態だったため園医だけの対応で無闇に身体を動かさずに、緊急搬送を即座にするべきでした。

プール事故事例③ 京都府上京区のプール死亡事故(2014年7月30日)
事故は14年7月30日午後2時ごろ、園舎屋上のプールで起きた。約30人の園児がプール遊びをする中、天翔ちゃんが水に沈んでいるのを保育士が見つけた。既に呼吸と心肺が停止している状態で救急搬送された。
「トイレで嘔吐(おうと)して倒れた。意識はある」。両親は当初、園側から電話でそう聞いていた。しかし、病院で医師から「意識がない。1分1秒を争う状況」と説明を受けた。英樹さん(父親)は園長に説明を求めたが「適切に処置をした」と繰り返すばかり。保育士が「プールでおぼれた」と話し、ようやく状況を把握した。

天翔ちゃんは一度も意識が戻らないまま、1週間後の8月6日、低酸素脳症で亡くなった。
引用抜粋:京都新聞

水深約25センチのプールで保育士が2人もついていながらも、子どもたから目を離す時間があったなどとして起きてしまった事故でした。実は2019年になっても保育園側と遺族側で裁判が続いており、先日2019年5月16日やっと園側が保育士2人には子供達の安全管理に不備があったとして注意義務違反そして園にも責任があると認められました。

【最新】水難事故の統計データをご紹介

ここで、警察庁生活安全局地域課が平成30年9月13日に発表しております水難事故の統計データを見ていきましょう。

※出典:警察庁生活安全局地域課「平成30年夏期における水難の概況」

上図から、水難事故の発生状況としては、平成28年をピークにそれ以降減少傾向となり、平成30年には水難事故の発生件数(水難者数)は502件(595人)うち子どもは81件(117人)となり、過去最少であった平成26年時に次いで少ない結果となりました。

平成30年の子どもの場所別 死者・行方不明者数

  平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
人数 人数 人数 人数 人数 構成比
9 11 2 4 4 28.6%
河川 15 12 12 7 7 50.0%
湖沼池 1 2 3 1 2 14.3%
用水路 3 1   1 1 7.1%
プール   2 2 1   0.0%
その他   1       0.0%
合計 28 29 19 14 14  

※出典:警察庁生活安全局地域課「平成30年夏期における水難の概況」

現在、子どもの水難場所として最も多いのは「川」次に「海」湖沼地、用水路となっています。プールでの死者・行方不明者数がやっと0人となり、過去の痛ましい事故を教訓に、注意や保育園・幼稚園の職員をはじめたとしたプール指導・見守りに関わる全ての方の安全への配慮が功を奏した結果ではないでしょうか。今後もこの“0人”を保っていくことが大切となりますね。
しかし一方で、消費者庁の消費者安全調査委員会での調査にて、全国の幼稚園・保育園・認定こども園の園長や職員の6割が、プールで子どもが溺れるなどの事故を想定とした訓練を「行っていない」と回答したことが分かりました。さらに「緊急時におけるマニュアルがある」と答えた職員は5割程となっています。これは、人手・予算不足から「水の外(プール外)で監視に専念する職員がいない」ことが原因とされ、さらに改善の必要性を感じなかったという意見も。
これは、あまりにも安全性を担保するという意識の低さに、上記のプールでの死者・行方不明数が0人という結果が奇跡に近いということが分かります。消費者庁は「幼稚園などのプール事故は監視者がいない場合に起きることが多い。監視員が配置できなければ、プール活動を中止してほしい」との呼びかけを行っています。また、プール事故の防止策として「応急処置の日常的な訓練」「プールの監視者と指導者を分けて配置する」「事故を未然に防ぐための事前教育」などの具体的な試行を文部科学省ならび厚生労働省に求めています。

プール事故を引き起こす原因・種類とは?

ここではなぜプール事故が引き起こされてしまうのか。その原因と事故の種類についてご紹介します。
そもそも子どもにとって「プール」は、通常の日常生活では体験できない「楽しい時間」です。その珍しい大変に大人しい子でもはしゃぎやすく興奮してしまいます。また、子どもは好奇心旺盛なものどんなものでも興味を惹かれてしまいます。このことからベテランの保育士でさえ予想も出来なかった場所や瞬間で事故に遭ってしまうことが多いようです。したがって保育士の目だけではなく、子ども達自身にも自覚を持ってもらうことも大切です。そこで子ども達と“プール遊びの約束”を行いましょう。

子ども達とのプール遊びの5つ約束!
1プールサイド(周辺)は走らない
2プールに飛び込まない
3(プールの中でも外でも)お友だちを押さない
4水を苦手なお友だちや嫌がっているお友だちに水をかけない
5お友だちの上に乗らない

どんなに毎回遊んでいる場所だとしても、これら5つの約束をプールに入る前に、しっかりと子ども達に話をして約束をしてからプール活動を行うことを徹底させてください。
もちろんまだ理解できない子や、プールで遊んでいると楽しさ夢中になり、つい約束を忘れてしまうこともあると思います。そのため、約束である注意点を話したからといって慢心せず、子ども達の監督を怠らずにしっかり見守ることが不可欠となります。
続いてプール事故の原因となる主な4つをあげていきます。

飛び込み事故

子どもが入水時にプールの底や壁に、頭など身体を強く打ち付けてしまい、その時の衝撃で怪我してしまう事故です。
通常の保育時でも子どもの怪我の怖さはご存知かと思いますが、子どもはまだ身体が未発達で小さなたんこぶでさえ、脳の大きな病気に繋がる可能性があります。したがってプールでは、泳ぐ技術も分からないまま指導員が目を離している隙にあるいは監督者が誰もいない時に飛び込んでしまうと、大きな怪我や死亡にまで繋がってしまうケースあるのです。
また、溺水事故防止にプールの水位を低くしたとしても無理な飛び込みを行ってしまった結果、身体を打ち付けてしまう事故も起きてしまっています。
さらには水をすくおうとして、頭や顔から水に落ちてしまったり。なおスイミングに通っている幼児に対しても油断をしてはいけません。スイミングと同じように水の中で「飛び込み」の真似をし始めることがあります。これを浅い水深でしてしまったら、頭等を打ってしまい浅い水深はかえって危険になります。
水の深さに関係なく、とにかく飛び込みをさせないことが事故防止となるのでしょう。

溺水事故

よく目にする事故として飛び込み事故に次いで溺水事故があるかと思いますが、水遊びではとくに溺死が多く、大人でも入浴中に溺水してしまうことが多く死に至ってしまう可能性が非常に高い事故となります。
「溺水」とは、喉の気道内に水や液体が入り気道が閉まってしまうことにより窒息してしまうことです。溺水事故の怖いところは、子どもは対処能力が弱いため気管内に水が入るともがくこともなく溺れてしまうことがあります。そのため、プールで溺れている際に助けて声も出せずに手足もうまく動かせず、監視している指導員や保育士も傍にいても気付きにくく発見が遅れてしまうことが多発してしまう原因です。とくに小さい仮設プールでは、子ども達が密集してしまうため、中で倒れていても他の子どもの陰に隠れしまい発見が難しいことも。
また「二次溺水」という事故も増えています。二次溺水とは、溺れかけた際に肺が水に入った、時間経過後に咳・発熱・胸の痛み・極度の疲労感に見舞われてしまうことです。そのまま放っておいてしまうと、呼吸困難を引き起こし死亡してしまうことも。子ども達との約束の「嫌がっている子に水をかけない」ことを促していきましょう。

転倒事故

プールサイドは、人の出入りが激しく拭いても拭いても濡れていることが多く、大変滑りやすいのでよく気を付けていないと歩いていても転ぶ事があります。そんな滑りやすいプールサイドで、滑って転んでしまう「転倒事故」
ある程度、成長した身体であれば踏ん張りがきいたり受け身が取れ軽傷で済むことが多いでしょう。しかし大人でさえ滑る時は滑りますし、とくに子どもは体つきとして頭が大きく重たいため重心が高くなり転倒しやすいのです。受け身を上手く取れないため大きな事故となる転び方をしてしまうことあります。

プールの排水溝の吸い込み事故

プールには必ず水を排出する排水溝というものがついていますが、この排水溝に小さな子どもは全身又は身体の一部が吸い込まれてしまい事故につながるケースがあります。とくに1960年代~2000年代にかけてこの事故が多発してしまい、現在では管理の強化と改善が行われました。しかし、一概にも完全に安全とは言い切ることが難しいため楽観はできない状況には変わりありません。

必見!プールの安全確認チェックリストを公開!

とにかくプール遊びには“安全確認”を徹底し管理することが事故防止へと繋がります。
去年も大丈夫だったからと未確かな自信におごることなく、点検しなければならない箇所を一つ一つ、丁寧にしっかりと確認をしましょう。
下記がプールの安全確認ポイントとなります。

プール遊びの前の安全確認チェックリスト
プールやプールサイドまわり □プールサイドは十分な広さを確保しているか
□プールサイドは滑りにくい素材やゴムマットを敷いているか
□破損部分や劣化部分などはないか
□尖った危険物などはないか
□虫や浮遊物は浮いていないか、水質は問題ないか
□水温が低すぎないか
□監視員としての人員を確保できているか

排水溝まわり □排水溝の場所を把握しているか
□排水溝に吸い込み防止金具の設置がされているか
□排水溝の上に金網のような蓋は設置されているか
□上記の排水溝の吸い込み防止金具・蓋はきちんと固定されているか

緊急体制まわり □体調が悪くなった子どもが安静にできる救護場所や部屋はあるか
□救命具やAED(自動体外式除細動器)等の準備はできているか
□すぐに身体から水分を拭うことのできるタオルは準備できているか
□すぐに脱水症状の防ぐため水分補給ができるよう飲みものは準備できているか

プール遊びの際に注意すべきポイントとは?

ここでは、保育園でのプール遊び時に注意すべき点をまとめてみました。

プール遊び前
・保護者と健康状態の確認を入念にする
・食べた後すぐに入水しない
・排せつを済ませてあげる
・耳や爪を清潔にする
・水着の紐は短く結ぶ
・水泳帽を着用する
・準備運動をする
・点呼をとる
プール遊び中
・炎天下の中で長時間入らない
・ふざけたり走ったりしていないか確認をする
・水が怖くて泣いている子は落ち着かせてあげる
・複数の保育士で見守ること
休憩時間
・定期的に休憩をする
・日陰で休む
・全身の水を拭き取る
・タオルをかけて身体を温める
・冷たすぎる飲みものは避ける
・随時体調を確認する
大人数でのプール遊びの注意点
・医師判断で止められている子どもは入水させない
・見守る保育士の役割を決めておく
(プールの外から監視する人・プールに一緒に入る人・緊急時に対応する人等)

監視役は“プール監視役のみ”の仕事をすることが大切です。多くの園では園長や主任が兼任することが多いのですが、電話対応や来客に少しの間出てしまうことあるそう。これは少しの間でも子ども達から目を離してしまうことになり監視が欠けるリスクは、はかり知れませんのできちんと専任することをオススメします。また、プール遊びの予定をしていなかったのに、暑いから突然「じゃあ、プールに入ろうか」「プールに入りたい?」と行うことは絶対禁止です。職員間の役割分担もなにもない状態ですることになるため、非常に危険な体制で保育をすることになってしまうので止めることを推奨します。
これらを十分に配慮して、子ども達の異変を少しでも感じたら水遊びだけでなくプールの入水を見送ることを検討しましょう。

夏休み中や園外保育でも水難事故に気をつけて!

子どもの“水”に関係する事故は、プールだけではありません。園外保育で川や海にいくこともあるでしょう。そこでも事故が起きる可能性も十分にあります。
自然の猛威は人間にはどうすることもできません、急に水位が増えたり天候が変化したりするので危険も多くありますので、下述の注意ポイントに気をつけながら子どもの命そして自分の命も守っていきましょう。

川・海での注意ポイント!
・体調が悪い時は入水をしない
・悪天候の恐れがあるときは近づかない
・遊泳可能エリアを守る
・危険な場所を確認し近づかない
・必要に応じて“承認された”ライフジャケットを着用
・基本的な水難救助スキルと心肺蘇生を学んでおく

多くの方は「早々に事故になんて遭うはずない」と思っていらっしゃるかと思いますが、高を括らずに危機管理能力を鍛えて子ども達の保育に努めてください。

まとめ
実は保育士や幼稚園教諭には、日頃の保育の中で“動く”子どもを見る習慣が身についています。しかし、“動かない”子どもには中々目を向けにくいそうです。そう、実際水難事故とされる現場でも沈んでいる子どもは、よほど水面に浮かんでいない限り発見しにくいとされます。また、動かない子ども見つけることはいくら訓練した水難救助のプロでも困難だそうです。
なので、日頃から油断せずに安全を第一とした保育に取り組むことが楽しくプール遊びを行う上で大切となります。そして、これから保育士・幼稚園教諭を目指している方・転職を希望している方は、人命・水難救助なども学んでおくといざという時に役立つでしょう。