保育士求人のTOPコラム保育士さんのお仕事 > 保育園の運動会!盛り上がる楽しい親子競技のアイデア集!

7c2d1b08c0f544ac75a23f1b61212399_s

保育園の運動会!盛り上がる楽しい親子競技のアイデア集!

保育園の運動会の時期が近くなると、運動会の競技を何にするかで悩む保育士さんは多いはず…。
中でも恒例の親子競技は、大人も参加するのでとても盛り上がります。
毎年違う競技で、みんなを楽しませたいと思っている保育士さんに、子供の年齢別のおススメ親子競技を紹介します。

運動会の親子競技は面白い!!

e16258a4818b94af713c9d3ca6bf9244_l加工

運動会は子供の運動能力の発達と、親子競技などを通して家族と一緒に体を動かし楽しむことで、より絆を深めるという目的があります。
まだハイハイくらいの子や赤ちゃんは、運動能力の発達の目的よりも親子で触れ合い楽しい時間を過ごすことが狙いとなっています!
 
表向きはそのような目的や狙いとなっていますが、親子競技は、おうちの人も見るだけではなく参加するという形で大人も子供と一緒に楽しめ、競技中に幼児たちが巻き起こすハプニングがとってもかわいくて見ているほうも参加しているほうも面白く盛り上がります!
 
初めて保育園の運動会に参加する保護者の方は、「親子競技なんてたいしたことしないでしょ!」と侮らず、服装を考えていかないと大変なことになりますよ!
子供がぐずってしまい終始抱っこしながら走るはめになったり、親の方ががんばってしまうケースも多いので、動きやすい服装を選んで行ったほうが良いでしょう!

1~2歳児の親子競技

fca55338145b67ccd503241dd446c0e2_m

1~2歳児におすすめの親子競技アイデアを紹介します!
1歳くらいの子はまだしっかり立って歩けない子、ハイハイしかできない子と色々な子がいますのでこちらを参考にしてアレンジするのも良いですね!

アンパンマンになろう!!

みんな大好きアンパンマンに変身してアンパンマン号に乗りゴールを目指す競技です!
アンパンマンになりきれるので子供も大喜び!

<用意するもの>
・アンパンマンのお面・マント
・引っ張れるように紐をつけたダンボール(画用紙などでアンパンマン号にする)

  1. 子供だけでスタート
  2. 途中で親と合流し置いてあるアンパンマンのお面とマントをつける
  3. アンパンマン号に見立てたダンボールに子供をのせて親がゴールまで引っ張る

※まだ歩けない子がいる場合はアンパンマンのお面とマントのところまでマットをしき
全員はいはいで行っても良いですね!

どうぶつの親子でGO

それぞれのどうぶつの親子になりきってゴールを目指す競技です!
かわいい動物の親子ですがどの動物も親は大変ですね!

<用意するもの>
・ペンギン コアラ カンガルー の絵を書いたカード

  1. 親子でスタート
  2. 途中で伏せてあるカードを1つ選んでめくる
  3. ペンギン→子供の両手をもち親の足の甲に子供の足をのせてヨチヨチペンギンのようにゴールへ向かう
  4. コアラ→子供をおんぶしてゴールへ向かう
    カンガルー→子供を抱っこしてスキップしてゴールへ向かう

※親子でスタートするので歩きがしっかりしていなくてもだいじょうぶです!

畑の野菜がたくさんとれたよ!

畑になった野菜をかごに収穫してゴールを目指す競技です!
たくさん収穫しただけでも楽しいですね!

<用意するもの>
・かご または100均で売っている竹で編まれたようなザル
・作りものの野菜3個(大根 にんじん トマト さつまいも かぼちゃなどの中から一種類)

  1. 子供だけでかごをもってスタート
  2. 途中にある畑で親と合流し一緒に野菜を収穫
  3. 親子でゴールに向かう

※かごをもってスタートするので2歳くらいからにおススメの競技です!また野菜を本当に畑にあるかのようにするために大根やにんじんの場合は、ダンボールに茶色い画用紙を貼りひっくり返して底に三つ穴をあけてちょうど大根の葉っぱと頭が見えるように入れておくと雰囲気がでて良いですね!
またさつまいもの場合は浅めのダンボールに土に見立てた画用紙を丸めてたくさんいれその中にさつまいもを紛れこませておく工夫などをすると楽しいでしょう!
それぞれの野菜によって色々なアイデアでできるのでアレンジすると良いですね!

お魚を釣ろう!

船に乗ってお魚を釣りをし、ゴールを目指す競技です。
おうちの人が船をお魚ポイントまで移動させます!
よ~くお魚がいるところを探してね!

<用意するもの>
・紐をつけたダンボール(船のように飾る)
・つりざお(ラップの芯に紐をつけてその先に磁石をつける)
お魚・・・画用紙でお魚を作り口元にクリップをつける
ブルーシート・・・海ゾーンを作る

  1. スタートしたらダンボールの船に子供を乗せて出発
  2. 海ゾーンのお魚を取りやすそうなところまで引っ張る
  3. 子供がお魚を釣る
  4. 釣れたら子供を乗せた船を引っ張りゴールに向かう

※磁石は小さくて強力なものを使うと良いです!
またお魚の口につけるクリップは磁石がくっつきやすいように大き目のものを選ぶと良いでしょう。

3歳児の親子競技

dc92d6e643d8c36da02399e7b5dc9843_s

3歳にお勧めの親子競技を紹介します。
3歳頃になるとほとんどの子がしっかり歩けて走ることもできますのでバリエーションがかなり増えますね!物の名前もたくさん覚えてくる頃なので少し頭を使った競技も良いですね。

初めてのおつかい

おうちの人に頼まれたものをかごにいれて買ってくる競争です!
初めてのおつかいできるかな?!

<用意するもの>
・紙袋またはビニール袋 
・作り物の野菜や果物、食べ物(例:りんご、みかん、にんじん、トマト、パンなど園児がわかりやすそうなもの)

  1. 親子で待機しスタートしたら親が袋を渡し買ってきてほしいものを二つ頼む
  2. その先にあるお店で頼まれたものを探して袋にいれる
  3. 親のもとへ戻ってゴール

※お店屋さんのようにシートの上にたくさん品物を乗せて親が頼んだものが、重なってしまっても品物がなくならないように配慮しましょう!
中身を空にした牛乳パックや、軽い紙粘土で作った卵をパックにつめたりするとリアルで子供達も楽しめるでしょう!
また作り物の食べ物ではなく、長靴や靴、はぶらし、コップなどの日用品の買い物でも良いですね!

キャタピラ競争

親子で楽しく息を合わせてゴールを目指す競技です。
必死になりすぎて転がってしまうかも?!

<用意するもの>
・ダンボール(ベルト状につないで大人も入れるくらいの輪を作る)

  1. 大人と子供が輪にしたダンボール(縦)に入りハイハイしてゴールを目指す

※息を合わせて進まないと中でハプニングが起こりそうですね。
単純なものですが、やるほうはとても楽しくて盛り上がることでしょう!

おみこしワッショイ競争

かわいいおみこしを親子でかついでゴールを目指します!
見ているほうもかわいいおみこしに注目!!

<用意するもの>
・ダンボールで作ったおみこし
・はっぴ(大人用と子供用)

  1. 親子でスタート
  2. 途中おいてあるはっぴを着る
  3. そこに一緒においてあるおみこしを親子でかついでゴールに向かう

※はっぴは、なければ不織布と布ガムテープで作ると良いでしょう。
おみこしも保育士さんたちの努力でかわいいものにすると見ているほうも楽しむことができますね。

4歳児の親子競技

f10ce5ad8187c32fef81e14f953cc0bc_s

4歳児の親子の競技の紹介です。
4歳児はなんでもできるようになってきているので、競技も色々な中から選べることでしょう!
少し変わった競技や障害物競争も楽しいですね!

みーつけたっ!

グループまたは同学年のクラスにわかれて、かくれている自分の親をみんなでいっせいに探し、全員がみつかったグループが勝ちという親子競技です。
みんな自分の親をみつけられるかな?!

<用意するもの>
特になし

  1. 子供だけ全員スタート
  2. 顔をふせている親をみつける
  3. 見つかった親子はその場に座る
  4. 全員見つかって先に座ったほうが勝ち

※あらかじめグループ別に分けたサークルの線を引いておきその中に分けて親に入ってもらうことで、勝敗がつけやすいでしょう。
また親がサークル状にならび後ろをむいて顔をふせ、真ん中に園児がいてスタートでも良いですね!
服装などですぐにわかってしまいそうな場合は、ズボンに白いTシャツなどを指定して親に着てきてもらっても良いと思います。

親子で冒険の旅!

親子で一緒に冒険をして色々な障害物を乗り越える障害物競争です!
親だけ先にいっても子供だけ先にいってもゴールはできません!
力をあわせて一緒に進む競技です。

<用意するもの>
・ダンボール
・ネットまたはブルーシート
・平均台

  1. 何組かの親子でスタート
  2. ダンボールのトンネルを親も子もくぐる
  3. ネットまたはブルーシートの下を親も子もくぐり抜ける
  4. 手をつなぎ子供だけ平均台を渡ってゴールへ向かう

※ダンボールは少し長めのトンネルにしておくと難易度が上がります。
冒険なのでトンネルは石や岩のような雰囲気になるように画用紙などで工夫し、シートやネットは葉っぱなどをつけておくとリアルで楽しいですね!

借り物競走

引いたカードの物をまわりにいる方に借りてゴールを目指す競技です!
子供よりも親のほうが緊張するかもしれませんね!
積極的に借りにいかれるかな?!

<用意するもの>
・借り物カード(メガネやハンカチ、ポケットティッシュ、子供のくつなどの文字を書いておく)

  1. 何組かの親子でスタート
  2. 途中にある借り物カードをめくる
  3. 借り物カードをもってまわりの人たちに見せながらまわり、借りる
  4. 判定する保育士さんに見せてOKがでたらゴールへ向かう

※消極的な子も親と一緒ならできそうですね!
第三者の方に協力してもらうことで、やりきった感がうまれるでしょう。

5歳児の親子競技

5歳児も4歳児同様かなり色々なものが選べますね!
小さい子のように小道具をたくさん使わなくても楽しめる競技がたくさんあります!
4歳児で紹介したもので難易度をあげてみても良いかもしれません!

親子対抗リレー

親と子供のチームに分かれてリレーをします!
いつまでも子供と思っていたけれど、5歳になると案外速いです!!
子供は親に勝ちたくて必死に走りますが、親も子供には負けられない!と良い勝負になることでしょう。

<用意するもの>
・チーム分のバトン

  1. 親対子でリレーをします

※あらかじめ、リレーの順番をくじか何かで決めて保護者の方にも伝えておくと当日スムーズに進みますね!
本気で走る親もいれば、余裕で笑いをとってくれる親がいたりしてとても盛り上がります!
また、シンプルな競技ですが子供の成長を親が身をもって感じることができるのでおすすめです!

借り人競争

借り物競走ならぬ借り人競争!!その名の通り人を借りてくる競技です!
借り物よりも難しいかな?!

<用意するもの>
・借り人カード(メガネをかけた人・髪の毛の長い人・黒い靴をはいた人など書いておく)

  1. 何組かの親子でスタート
  2. 途中、台の上に乗った保育士さんが借り人のカードを掲げます
  3. 皆、同じお題で人を探します
  4. みつけたら同行してもらい、保育士さんにOKをもらったらゴールへ!

※手軽にできるのにとても盛り上がります!
親のほうが必死になってしまいそうですね。
同じお題でなく、カードを並べて好きなものを引く形でも良いと思います。

おんぶ騎馬戦

親が子供をおんぶして、子供がかぶっている帽子をとりあう競技です!
逃げる親子に追う親子!たくさん帽子をとった色のチームが勝ちです!

<用意するもの>
・子供カラー帽子

  1. 親が子供をおんぶしてチームに分かれて帽子をとり合います
  2. 最後にとった帽子を保育士さんが数えて勝敗を決めます

※落ちたりすると危険なので保護者の方にしっかりおんぶしてもらうように声かけをすると良いですね!
とても楽しく盛り上がる競技ですが、あぶないからという保護者の声があがる可能性もありますので、保育園で確認してから実施したほうが良いでしょう。

<まとめ>

親子競技を考えている保育士さん、ここで紹介した競技をアレンジしたり、保育園に合わせたやり方でやるとよりよいものになると思いますので、参考にしてくださいね。
保育士さんたちが毎年工夫して楽しい親子競技を考えてくれるので、保護者の方達も毎回期待して今年はどんな競技かな!?と心待ちにしていることでしょう!
親子で協力してやることで、どのような競技でもとても楽しく盛り上がるはずですので、あまり難しくしたり変わったものをと考えすぎずに決めると良いと思います。

関連記事もご覧ください

この記事が少しでもお役に立ったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。