保育士求人のTOPコラム保育士さんのお仕事 > クリスマス会を成功させたい!保育園の行事編

クリスマス会を成功させたい!保育園の行事編

子どもに限らず大人も楽しめるイベントであるクリスマス。日本では家族でケーキを囲んだり、サンタクロースからのプレゼントを心待ちにする子どもたちにとって、毎年楽しみにしているイベントの1つです。
しかし、本来のクリスマスはイエス・キリストの生誕祭といわれているので、キリスト系の幼稚園などでは毎年劇などを披露することが多いようですが、まずはクリスマスという習慣に興味を持ってもらい、その行事の意味を理解し、みんなで楽しい気持ちでお祝いできることが大切です。
そこで今回はクリスマス会を成功させるための準備やアイデアなどをご紹介したいと思います!

クリスマス会で何をする?

保育園のクリスマス会って具体的にどのようなことをやるのか、保育士として初めてクリスマスを迎える方は知らないことも多いのではないでしょうか。
保育士による出し物や園児による出し物、みんなで楽しめるゲームなど、できることは沢山あります。
また毎年恒例になっている出し物などがある場合は、先輩保育士に昨年までの実施要領を聞きながら準備を進めていくと比較的スムーズに計画が立てやすくなるでしょう。
毎年恒例の出し物がある場合は、新しい出し物を披露するハードルが高いことがあります。しかし、新しいことを取り入れることで、これまでにない新しい発見があることも恒例のプログラムの中に新しいアイディアを入れてみたり、既存のものを一つ置き換えてみたり、すべてを変えるのではなく、一部分を変更してみる等の工夫をしてみるのもいいかもしれません。
また、保育士の出し物を見るのは何歳児クラス、子供の出し物を行うのは何歳児クラス、といったように基準を決めなければなりません。特に乳児クラスは幼児クラスよりも30分近く給食の時間が早い場合があり、生活リズムが違います。乳児クラスもゲームや遊びに参加したり、出し物を見たりするのであれば、会の最初の方に組み込み、集中力のある間に楽しめるように工夫しましょう。

クリスマス会のプログラム

クリスマス会で具体的にどのようなことをするのか決まったら、実際にプログラムを作っていきましょう。特に2歳未満の園児たちは集中力が切れるのが早いので、サンタクロースの登場などは早めに登場させることをおススメします。登場の仕方は、鈴の音と一緒に突然登場するパターンと、みんなでサンタクロースの名前を呼んで登場してもらうパターンの大体2種類に分かれます。どちらの登場方法であっても、サンタさん自身から「トナカイの引くソリでやってきた」「寒い国から来た」ことを園児の前で話してもらうと、子どもたちもサンタの世界に入りやすくなります。自治体によっては、男性職員がサンタクロースの恰好をして各保育園に挨拶回りをすることもあります。

クリスマス会プログラムの一例
10:00 開始の挨拶・歌
10:10 保育士からの出し物(劇やハンドベル、パネルシアターなど)
10:30 サンタクロース登場(プレゼント配布)
10:50 0~1歳児は記念写真を撮ってクラスに戻る
11:00 幼児クラスの出し物(合唱や合奏)
11:10 ゲーム
11:30 終了

※1日中クリスマスムードで子どもたちが楽しめるようにする

0~1歳児が楽しめるように工夫をするといいかもしれません。
乳児は長時間集中することは難しいので、序盤に出し物やサンタクロースが登場する流れがおすすめです。
ただし、人見知りやサンタを怖がって泣いてしまう子も少なくないので、そのような状況では無理せず保育士が子どもを抱っこして、写真撮影の時は横に並ぶようにしましょう。「サンタさん=怖い」というイメージがつかないように注意が必要です。

みんなで盛り上がるゲーム

幼児クラスの子たちと楽しむために、一緒になってゲームに参加するのもおススメです。
準備を必要としないゲームから、保育園にある物ですぐに始められるゲームをご紹介します!

「じゃんけん列車」 (とても簡単なゲームです)
①最初はみんな1人でスタートします
②出会った人同士がじゃんけんをします
③負けた人は勝った人のの後ろにくっついて列車を作ります
④最後に列車の先頭になった人が勝ちです
「ドンじゃんけん」 (椅子を何脚か用意して始めるゲームです)
①2つのチームにグループ分けをします
②直列に並んだ椅子の両端にグループごとに並びます
③両端からジグザグに進み、出会ったらじゃんけんをします
④勝った人はそのまま進み、負けたチームは次の人が進みます
⑤相手の陣地までたどり着いたら得点が入ります
⑥制限時間内で得点が多いチーム、または相手の陣地に近いチームが勝ちです

先生たちが大活躍!保育士の出し物

「園児たちを楽しませたい!」そんな保育士の皆さんにおすすめの出し物をいくつかご紹介します。

◎パネルシアター

パネル布を貼った舞台に絵を貼ったり外したりして展開する、おはなしや歌遊びをはじめとする教育法です。動きがあることで興味をひき集中力が持続する点が特徴といわれています。

おすすめの作品
「森のクリスマス」
「赤鼻のトナカイ」

◎絵本の読み聞かせ

クリスマスに関連する絵本は沢山あります。クリスマスの由来についてやサンタクロースの話など、種類も様々です。最近では仕掛け絵本や保育園での読み聞かせに最適なビッグブックなども人気があります。

おすすめの作品
「まどから おくりもの」
「クリスマスってなあに」
「ノンタン!サンタクロースだよ」

最後は歌や合奏で終わりましょう!

プログラムの最後は、園児と一緒にクリスマスの歌や合奏をして終わりましょう。
合奏の場合には、タンバリンやカスタネットなどを園児と一緒に合奏できるような楽器が良いでしょう。また、合奏を行う際には演奏できる先生以外の先生も積極的に参加してダンスを踊ったり、歌をうたったりすると、子どもたちも喜んでくれ、雰囲気も非常に良くなるでしょう。

おすすめの曲
「ジングルベル」
「あわてんぼうのサンタクロース」
「クリスマスの歌がきこえてくるよ」

みんなで作ろう!クリスマスの飾り

待ち遠しいクリスマスに向けて、クラスで協力し合いながら製作をするのもおススメです!

オリジナルリース作り(1歳児)
【材料】緑色の画用紙、リボン、シール(丸形や星形など)
①リース型に切った画用紙を用意します
②園児に好きなようにシールを貼ってもらいます
③完成したものにリボンをつけて完成
右図の挿入お願いします。(拾ってきた画像なので近しい画像お願いします)
オリジナルツリー作り(2歳児)
【材料】緑色の画用紙、クレヨン、シール(丸形や星形など)、リボン
①ツリー型に切った画用紙を用意します
②園児にクレヨンやシールなどで自由に装飾してもらいます
③出来上がったツリーにリボンをつけて完成
右図の挿入お願いします。(拾ってきた画像なので近しい画像お願いします)
サンタクロースのおひげ付け
【材料】画用紙(赤、うすだいだい、白、黒)、綿、のり、両面テープ
①サンタクロースの顔の土台を作ります
②園児に、顔のパーツを貼ってもらいます
③あごひげ部分にのり又は両面テープを貼ります
④綿を好きなように貼れば完成です
右図の挿入お願いします。(拾ってきた画像なので近しい画像お願いします)

クリスマス会を成功させるポイントとは?

クリスマス会を成功させるには担当保育士はもちろん、クリスマス会に参加している保育士、園児たちと一緒に楽しむことが重要です。クリスマスツリーの飾りつけを園児と一緒にやったり、制作したものを廊下や教室に飾ったりしながら、当日を楽しみに待ちましょう。
園によっては給食にケーキを出してくれることもあるようです。年に一度の行事なので、園児と一緒に目いっぱい楽しんでください。

まとめ
クリスマスは年に一度のお楽しみですよね。みなさんご存知のサンタクロースは4世紀頃トルコにいたとされる司教ニコラウスがモデルになっているのをご存知ですか?彼は貧しい人々を助けたことから、のちに聖人として称えられるようになりました。クリスマスの前夜に家々をめぐり、子どもたちにプレゼントや金貨を配ったという伝説が、今のプレゼントを贈る習慣の起源になっています。
園児たちには、パパやママ、お友達など大切な人達がクリスマスを幸せに過ごせるように、優しい気持ちでお祝いすることを伝えてあげてくださいね。