保育士求人のTOPコラム保育士さんのキャリア > 男性保育士の気になる給与や将来性は?保育園が求めるメリットやニーズもご紹介!

男性保育士の気になる給与や将来性は?保育園が求めるメリットやニーズもご紹介!

今回の記事は男性で「保育士を目指したいけど不安」「男性保育士について詳しく知りたい」という方は必読の内容となっています。
現役の男性保育士の平均年収から魅力・悩み・将来性についてまで詳細に触れていますのでぜひご参考にください!
昔は女性だけの仕事という認識が強く、現在の保育士さんのことを「保母さん」と呼んでいましたが、男女雇用均等法の施行や児童福祉法施行令の改正により、「保母」という名称から「保育士」に変わったのを機に、男性の保育士も徐々に活躍の場が広がっていきました。
男性保育士の増加は、保育の質や保育士不足の解消が期待できるため、行政や各自治体、各保育園でも給与や待遇の改善が進んでいます。

実際の男性保育士の割合とニーズは?

最近では「男性保育士」と聞いても特に違和感はないと思いますが、昔は非常に珍しい存在でした。平成11年の児童福祉法改正施工によって「保母」から「保育士」に改称されてからは徐々に世間にも浸透していき、現在では”男性カリスマ保育士”や”イケメン保育士”など、雑誌やネットニュースに取り上げられるまでに注目を集めるようになりました。「保育士」に改称それではいま現在、どれだけの男性保育士がいるのでしょうか?
厚生労働省「平成27年 保育士等に関する関係資料」によると、保育士資格者数は2013年の時点では約1,190,000人となっており、内訳は女性保育士が1,136,000人に対して男性保育士は約50,000人となっています。

このように保育士資格の登録者数全体でみると、男性保育士の割合はたったの4%にとどまっています。
まだまだ女性が多く活躍している職場ということが分かりますが、1995年の男性保育士の人数が2,500人と全体の1%にも満たなかったことを考えると、飛躍的に男性保育士の人数が増えているのがわかります。
その背景には、一般家庭の多くが父親と母親が存在するように、保育園にも男性・女性両方の保育士がいた方が自然ではないかと考える人が増えているからとされています。また、行政も男女共同参画社会を目指していることから、これからも男性保育士の需要は増えていくことが予測されています。

気になる男性保育士の平均年収は?

男性保育士を目指す際に気になるのが平均年収です。いくらぐらいの給料を貰っているのか、下表は男性保育士・女性保育士・全職種の平均年収を比較したものとなります。

平均年収比較
男性保育士 3,462,900円
女性保育士 3,221,300円
全職種 4,410,000円

※厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」より

この比較表を見ると女性保育士よりも男性保育士の方が平均年収は高いとされていますが、女性保育士は結婚・出産などで退職することが多く、年収統計の基礎となる平均年齢が低くなっているので、それによって平均年収も低くなっています。
したがって、それを踏まえると、保育士の給与はそこまで男女差があるというわけではないようです。しかし、全職種との平均年収を比べてみると保育士全体の給料の低さがまだ目立つ傾向にあるので、今後も行政や各自治体が前向きに保育士の待遇・処遇改善を推し進めていくことが望まれます。

男性保育士の求人事情は?

求人情報については、男性保育士の市場はどのようになっているのでしょうか?
“男性のみ募集”という保育園の求人はなかなか見かけませんが、求人詳細をよく見ると“男性保育士歓迎”“男性保育士OK”など、男性の保育士を歓迎している保育園は意外と多くあります。男性のほうがキャリア志向が強い方が多いので、主任や園長候補としての採用に力を入れている保育園も急増しています。ちなみに当ほいくジョブでも男性保育士を歓迎している保育園の求人をどこよりも豊富に保有していますのでお気軽にお問い合わせください!

ここだけのTips
求人内の応募資格などに“男性保育士歓迎”と載せている保育士求人は、男性の保育士を採用したいと考えている可能性が高いので内定率も高い傾向にあります。気になる求人を見つけたら一度問い合わせてみましょう。

男性保育士を採用する6つのメリットとは?

実際に保育現場での男性保育士の扱い・待遇はどのようなものなのでしょうか。そこには男性保育士ならではの強みや魅力が多くあることが分かります。保育園の多くが以下の6つのメリットを求めて男性保育士の採用に力を入れています。

メリット①力強さ

たとえば高い天井にある電球交換や会場設営といった、重い荷物を持ったり、高いところの物を取ったりなどの力仕事は、やはり女性よりも男性のほうが向いているので、非常に重宝されています。

メリット②子どもたちとの関わり

体育指導やダイナミックな遊び方などを提示できるのも男性保育士ならではの保育になります。女性保育士よりも体力がある男性保育士は、わんぱくな5歳児の子どもたちと遊ぶのに最適です。やはり男の子の気持ちや行動は、同じ男性の方が理解しやすいという利点もあります。さらに、女性保育士が一緒に行けない園外の男子トイレへの付き添いや男の子のトイレトレーニングなどは男性保育士が適任といえます。
また、片親の家庭が珍しくない時代で、子どもたちにとって“父親”を感じることができる男性保育士はかなり貴重な存在です。

メリット③職場内の活性化

女性のみ職場と、一人でも男性がいる職場とでは、雰囲気ががらりと変わることがあります。
会議などの意見交換の場面で、男性の意見は合理的な要素が強いので重宝されるケースもあります。また、女性のみの職場でよくある派閥やいじめなどは、異性の職員がいることで職場の調和がとれることもあります。

メリット④明るさ・元気さ

男性ならではの元気さが園全体の活性化につながることを期待しています。無理に明るく元気に振る舞う必要はありませんが、声や体格が子どもや女性とは違うので、それを活かして男女の違いについて話をすることができるなど豊かな保育環境を作ることができます。子ども達の保育への好影響が期待されています。

メリット⑤防犯対策

最近は物騒な事件のニュースを目にすることが多くなり、万が一に備え、保育園でも防犯対策の徹底が求められていますが、その中で男性保育士の存在は非常に貴重といえます。女性と子どもたちだけの職場で”男の人がいる”だけで精神的な不安も和らぎます。園外活動で公園で遊ぶ際にも、防犯対策として男性がいるととても心強く、頼りになると感じる保護者もいらっしゃいます。また、理不尽なクレーマーも男性が対応しただけで大人しくなることもあるので職場に安心感を与えることできます。

メリット⑥男性保護者の拠り所

参観日や日々の送り迎えで保育園に来るお父さんたちは、居心地の悪さを感じる方が少なくないようです。”イクメン”という言葉が流行したように、現在では父親が積極的に子育てに関わっているご家庭が増え、懇親会などに父親が参加することも増えてきていますが、先生も保護者も女性ばかりでは、質問や意見をするのを遠慮してしまう方が多いようです。しかし、その場に男性保育士がいることによって気軽に話しかけたり、小さなことでも相談しやすくなります。
そこでさらに保育のプロとして、男性視点による子育てのアドバイスや助言を行うと、より重宝される存在となるでしょう。
このように多くの魅力がある男性保育士は、想像以上に子どもたちや保護者、同じ職員から人気のある存在です。
男性保育士のメリットを理解した上で、それを活かしていけるように頑張っていきましょう!

まだまだ肩身が狭い?男性保育士が抱えやすい5つの悩みと改善策

非常に重宝されている一方で、男性保育士はまだまだ肩身の狭い思いをしています。労働環境が整っていない現状であったり、保護者からの偏見によって警戒をされてしまったりなど、色眼鏡で見られているケースが少なくないようです。
ここでは男性保育士が特に辛いと感じている仕事の悩みと、それに対する改善策をご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしていただき、働きやすい環境を自ら作り上げていきましょう。

悩み①保護者からの偏見や警戒

保育園で不祥事が起きると、“男性”というだけで疑惑の目を向けられ、男性保育士への懸念を持つ保護者がクレームを起こすことがしばしばあるようです。保護者からは「着替えの場所に男性がいるのはどうなの?」「保育は女性の仕事でしょ?」「着替えやトイレの手伝いをしてほしくない、触れてほいくない」「乳児のときは男性より女性の先生の方が安心できる」などの意見が男性保育士に対して寄せられるそうです。事実として、ごく一部の男性保育士が不祥事を起こしていることを考えると、保護者が不安になって警戒するのも理解できます。

改善策
・多くの男性保育士が子どもたちに誠実に向き合い、愛情深い保育を行っているということ
・保育には専門性は求められますが、そこに男女差はなく、性別問わずしっかりと保育ができれば問題がないこと
上記を保護者に理解していただくことが非常に重要となります。
さらに保護者の理解を深めるためには“信頼”をしてもらう努力が必要です。女性保育士でさえも保護者との信頼関係を築くのは大変苦労します、地道にじっくりコツコツと「この保育士さんならうちの子を預けて大丈夫」と信頼してもらうことが、偏見を打破できる方法です。一人の保護者に信頼されれば、次第にほかの保護者にも伝わっていくでしょう。

悩み②人間関係の苦労

人が集まればどうしても人間関係のトラブルはつきもの。特に女性の多い職場である保育園などはイジメや派閥・グループを作られる傾向が強くあります。
男性保育士が一人しかいないという保育園も多く、いくら女性相手とはいえ男性一人では気を遣います。そんな男性保育士は、仕事などで抱えている悩みや相談ができずに人間関係のトラブルに巻き込まったり、男性だからという理由で粗雑な対応や暴言を言われたり、女性との交流関係を勘繰られてしまうことも多く、仕事以外のことで精神的に疲れてしまうこともあります。

改善策
まずは愚痴の吐ける信頼できる友人・家族や同業の男性保育士仲間を作り相談することをオススメします。ただし、SNSにあからさまに“特定できる愚痴”を呟くのは禁物です。今の世の中、どう職場にバレてしまい悪い噂を流されて保護者の耳や目に入るかわかりません。トラブルを生まない為にも気をつけましょう。また園外で、女性保育士と二人っきりで会うのはなるべく避けて、一定の距離感を保つのが無難でしょう。

悩み③評価がされにくい

保育士は一般企業と違って、数字による成績評価はされません。数字で評価されることに慣れている男性だと、どうモチベーションを上げてよいのかわからないと悩む方も多くいます。また、保護者からもふとした瞬間だけで、男性だから「雑だ乱暴だ」と思われてしまい、評価されにくくあります。

改善策
数字成績評価に捉われずに、子ども達の笑顔や「大好き」と言った言葉をやりがいにして、保護者一人一人からの信頼を得ていきましょう。また長い目で子どもの成長をサポートすることの大切さを感じるとともに、自らのスキルアップを図れるように研修に参加したりするとモチベーションを保つことができます。

悩み④保育園の設備が整っていない

これまで女性の職員しかいなかった保育園がほとんどのため、男性用トイレや男性用更衣室などの設備面が整っていない場合があります。着替る場所がなく、男性だから問題ないだろうと部屋の端っこで「適当に着替えて」と言われてしまうことも。

改善策
きちんと面接時などで設備の確認しておくこと必要ですが、環境整備が不十分であることに我慢をする必要はないでしょう。保育園としても快適な職場環境を整える義務があります。必要と感じたものは、主任や園長に相談して、今後入ってくる男性保育士のためにも、快適に働ける職場づくりを率先して行いましょう。

悩み⑤給料が低い

給料が低いという悩みは、男性保育士に限ったことでなく保育業界全体が抱える悩みの一つです。特に男性保育士の場合は、家庭を持つことを考えると現在の収入で生活していくことは難しいと感じる方も多いでしょう。共働きであれば問題ないかもしれませんが、パートナーが妊娠・出産で長期休暇や休職となったときを考えて貯金などをしておく必要があるでしょう。
また、他の業界で働く友人のほうが収入が高いことに、焦りや不安を抱きやすくなります。

改善策
一般保育士として働いていくことを前提とした場合、現状のままでは大幅な給料アップは難しいでしょう。しかし、園長や主任といった管理職へのキャリアアップやフリーとして働くなど選択肢を広げれば、将来的に多くの収入を得ることは可能です。

男性保育士に将来性と収入アップ方法!

前述したとおり男性保育士にはたくさんの魅力やメリットがあるため、理解を示している保育園・保護者が多く、男性保育士のニーズは今後もさらに増えていくと考えられます。
保育士としてある程度の経験を積んだ人は、“専門知識を活かす道”もあります。リトミック、音楽指導、読み聞かせなど、何か強みがあればその分野のプロフェッショナルとして活躍することもできます。
また、福祉施設での男性保育士のニーズも非常に高くなってきているので、福祉施設のおススメポイントについてぜひご参考ください。

福祉施設は幼児だけでなく、18歳までの子どもすべてと関わるため、さらなる知識の習得や意識の切り替えは必要になりますが、とてもやりがいのある職場です。
このように現在の保育園以外にも、違ったかたちで保育業務に携わることが可能です。将来に対して不安を抱えている男性保育士さんは、視野を広げてさまざまな選択肢を考えてみてはいかがでしょうか?

収入アップするには?

将来を考えたとき、男性保育士が一番ネックとするのが“給料が低い”ことです。そこで収入アップの方法についていくつかご紹介したいと思います!

公立保育所へのチャレンジ!

公務員である公立保育所の保育士求人は競争倍率がとても高く難関ですが、その分、私立保育園よりも確実に年収アップや将来の安定性を期待できます。

手当になる“男性として活かせるスキル”を身につける!

保育園は「男性だから」という理由だけで、手当や給料を上げることはありません。当然ですが、何か業務上活かせるスキルや資格を取得してアピールする必要があります。たとえば運転手やサッカー教室のコーチなど、職場に貢献できるスキルがあれば見合った給料を上げることは可能です。

夜勤で働く!

夜勤は女性保育士ではどうしても防犯上危ない恐れがあったり、主婦の方だと遅番や夜勤が難しかったり、夜間保育になかなか対応できる人材はおらず、困っている保育園が多くあります。そのため、夜勤も問題なく働ける男性保育士は採用されやすく、時間外手当・深夜手当も付与されるので給与アップを見込めます。

管理職を視野に入れよう!

主任や副主任、園長、副園長などの役職を目指すことによって確実に年収はアップできます。また保育経験を活かして、自らが経営者として保育園を運営していくために独立を視野に入れるのも良いでしょう。

保育士以外の資格を取得する!

スポーツインストラクターや幼児体育など、男性に人気の資格を取得することによって、フリーランスでスポーツ・体操教室も開けることが可能になり、個人事業主として収入をアップすることができます。実は幼児教室では、子どもの扱いに長けた保育士資格保有者や保育士経験は重宝され、保護者からも安心して預けられると人気が出ることが多いようです。

まとめ
男性保育士が気持ちよく働ける職場環境や労働条件はまだまだ改善の余地があり、保護者からの理解も必要となるでしょう。しかし、時代は確実に男女均等な社会になってきているので、性別を問わず、専門的な保育ができる人材が求めるようになるでしょう。
その中で、男性保育士としての強みや魅力は保育現場において欠かせない存在となるはずです。
将来を担う子どものために尽くしたいという熱意を持つ男性保育士がもっと活躍していけば保育業界の未来もきっと明るくなるでしょう。