保育士求人のTOPコラム保育ニュース > 【ニュース速報】人気の保育園運営会社、あのグローバルキッズがついにマザーズ上場!

s-グローバルキッズ トップ

【ニュース速報】人気の保育園運営会社、あのグローバルキッズがついにマザーズ上場!


 
日本の保育施設運営会社の中でも、5本の指に入る大手“㈱グローバルキッズ”の親会社“グローバルグループ”がついに、マザーズ上場しました。
今回は、コチラのニュースを取り上げ、グローバルキッズの躍進についてもおさらいしていきたいと思います。
今まさに保育園を探している保育士さんは、必見ですよ!!

 
 

グローバルグループマザーズ上場

 

新規上場企業の横顔:グローバルグループ(3月18日マザーズ上場)

[東京 16日 ロイター] – 3月18日にマザーズ上場予定の「グローバルグループ」 の概要は以下のとおり。
グローバルキッズ 代表
≪本社≫東京都千代田区富士見
≪事業内容≫保育所等の運営を通じて次世代を担う子供たちを育成する子育て支援事業
≪代表者≫代表取締役 中正雄一
≪資本金≫1億円
≪発行済み株式数≫691万8560株(2016年2月15日)
≪従業員数≫4名(2015年12月31日現在)

*同社は、2015年10月1日に株式会社グローバルキッズと株式会社ろくの完全親会社として設立されており、以下の株主資本までの財務データは両社の実質的統括会社であった株式会社グローバルキッズのものです。
出典:ロイター
http://jp.reuters.com/article/idJPL3N15V1KO

グローバルキッズの保育士求人はこちら
 

グローバルキッズとは?

 今や保育士業界で働く方なら知らない人はいない!といっても過言ではないほど、大きく成長し、日本の保育園運営を牽引しているグローバルキッズ!!
でも実は、同族経営で長い歴史をつむいできた保育園が多い中、グローバルキッズはまだ創業10年にも満たない、若い企業なのです。
スタートはたったの6人きりの園児と、重くのしかかる固定費での赤字だったそう。
それが今では首都圏と大阪にあわせて83もの施設を運営、3500名を超える園児を預かるまでに成長しています。
創業者(代表取締役)中正 雄一氏は、「子ども達の未来のために」という企業理念を掲げ、「輝いた大人を魅せる」、「自分自身を理解すること(自分を理解することで人を理解できる、そして人を幸せにできる)」といった考えを軸に、日本の保育に関する問題点に向き合い続けてきた人物です。
㈱グローバルキッズの運営している保育園は、「木のぬくもりが温かい」、「保育士さんの天職意識が高い」、「チーム力が素晴らしい」、といった印象を受ける方が多いそう。
お子様を預ける保護者にとっては、「安心」ですし、就職先を探している保育士さんにとっては「保育士としての誇りを持って働ける」といった見方が多いようです。
実際、給与水準は特別に高いわけではありませんが、グローバルキッズでの保育士さんの離職率の低さは目を見張るものがあります。
 
グローバルキッズの保育士求人はこちら
 

㈱グローバルキッズ代表中正氏ってどんな人?

 今や時の人となっている中正 雄一(なかしょう ゆういち)氏とはどんな人物なのか、まとめてみました。
・昭和47年5月16日生まれ
・明治大学卒業
・大学在学中はアメリカン・フットボールに没頭、大学の講義にはあまり出席していなかったとか…
・大学卒業後は製パン会社(㈱神戸屋)へ就職
・製パン会社にて、尊敬する上司と出会い、上司の独立(保育所の運営)を受け、自身も会社をやめ、ともに「保育所開設」に向け奔走する
・上司と決別し、独立
・日本の抱えている教育の問題に向き合いながら事業を拡大中(現在)
 
グローバルキッズの保育士求人はこちら
 

グローバルキッズの今後

今後も伸びが期待されるグローバルキッズですが、保育施設運営にとどまらず、小学校、中学校、高校、大学と、未来を子ども達の教育全般への拡大も期待されています。
「世界で羽ばたく人間になってほしい」という熱い思いをこめて、中正氏率いる保育士さんたちの躍進に、今後も目が離せません。

 
【関連ページもご覧ください♪】
園児をやる気にさせる!話題の「ヨコミネ式」とは?
シュタイナー教育ってどんな教育?その効果は?!
資生堂とJPHDが合併!?業務連携と企業主導型保育事業について分析してみよう

この記事が少しでもお役に立ったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

s-グローバルキッズ トップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

人気記事をお届けします。