保育士求人のTOPコラム保育士さんのキャリア > ~面接必勝法~保育士さんの面接時の服装ってスーツがいいの?大事にしたい第一印象!

tsuchimoto0I9A6570_TP_V

~面接必勝法~保育士さんの面接時の服装ってスーツがいいの?大事にしたい第一印象!

目 次

就職活動や転職活動を行うとき、心配になることの大きなポイントとして面接がありますね。履歴書を準備して、質問の対策をして・・・ちょっと待った!見落としがちなポイントの服装を忘れてませんか!?
今回は、面接を控える保育士さんのため、面接当日にふさわしいベストな服装、コーディネートを紹介します。


<面接通過の要は第一印象!?>

面接の受け答えに履歴書など、面接の対策するポイントはたくさんありますが、もっとも大事なのは「第一印象」ではないでしょうか。
多くの保育園の採用担当者さんは、「服装・身だしなみ」を重要なポイントとして考えているようです。

グラフ服装②

上のグラフの通り、「服装・身だしなみ」に加え、「態度・言葉遣い」「表情・雰囲気」など、第一印象に関わるものが半数以上を占めています。やはり、保護者との適切な対応や、他の同僚の保育士さんとの関係性を築くには、第一印象は採用において重要な要素ということですね。面接の際は、とにかく印象よく訪問することが大切です。


<保育士さんの面接時にふさわしい服装>

さっそく、面接時にふさわしい服装をみていきましょう!
まず、大前提ですが、スーツが最もベストな服装です。以下では、主にスーツの際のコーディネートを紹介します。しかし、急にスーツの用意をすることは難しい方もいらっしゃるかもしれません。保育士さんの面接では、基本的に「清楚で清潔な」服装であればOKという保育園も多いです。そのため、スーツの用意が難しい方もご安心ください。最も重要なのは清潔感のある印象です。

スーツ

色味は、ブラック、ネイビー、チャコールグレーが最も好ましいです。基本的に派手な柄物でないスーツであればOKです。ストライプなどの柄は基本的に問題ありません。
白やベージュなどの明るい色は、カジュアルなイメージが強いので避けましょう。リクルートスーツを持っていればそれで問題ないです。

スカート

スカートは面接官や園長先生に華やかな印象を与えやすい服装です。長さは短くしすぎず、膝にかかるようにしましょう。スーツのジャケットのサイズによっては、ハイウエストのスカートにすると、よりスタイルがよく見えますよ。

パンツ

パンツはスカートとは異なり、園長先生や面接官に活発な印象を与えます。パンツスーツで面接に行くメリットとして、面接当日に園見学等をして園内を回る際に、スカートよりもパンツのほうが動きやすいことが挙げられます。

シャツ

基本的に白がベストです。濃い色のスーツとのバランス、清潔感、その他多くの要因で白色がベストといえます。
シャツでもカットソーでも可能です。どちらかというと、カットソーのほうが、女性らしい印象を与えやすいです。保育園の面接の場合、色味が白系であれば基本問題ないですね。

黒色でシンプルめなパンプスがベターです。ヒールは高すぎると派手に見えるので、ヒールの高さは3cmから5cmくらいのものを選びましょう。

その他小物類

・ストッキング
必ず肌色のものを選択しましょう。

・カバン
黒色のものが合わせやすく、ベターですね。サイズはA4サイズの書類が入るもので、履歴書を折らずにしまえるようにしましょう。
また、生地はナイロン系でも革系でもOK。底に「マチ」があると、床に置いたときに倒れず便利です。

4f1559be803f8d13233ddf6fdc15133b_s

さて、これで服装はカンペキですね。続いて、上記の服装を着こなすポイントと簡単なビジネスマナーを紹介します。
服装がカンペキでも、そのほかの部分でマイナスイメージを与えてしまってはもったいないですよね。保育士さんが見落としがちなポイントを紹介します。

ジャケットの一番下のボタンは外す!

一番下のボタンは飾りボタンなので止めません。3つボタンの場合は真ん中だけを止めましょう。

室内ではフラップをしまっておく!

ジャケットのポケットの「ふた」をフラップといいます。フラップは、屋外でほこりや雨からポケット内が汚れないようにするためのものです。室内に入るタイミングで内側にしまいましょう。

シャツは必ずアイロンをかける!

ジャケットを脱ぐことも考えられるので、シャツにも必ずアイロンをかけましょう。

シャツの袖口が汚いのはNG

袖口が黄ばんでいたり、黒ずんでいるシャツはNGです。汚れている場合はクリーニングに出しましょう。

ベルトは傷んでいないかチェックを

意外と見落としがちなベルトですが、革が痛んでいたり、穴がボロボロになっているものはマイナスイメージを与えてしまいます。


<服装以外の注意点?面接時のマナー>

与える第一印象の要素として、服装以外にも気を付けるべきマナーがあります。服装に加え、以下のマナーも覚えておけば第一印象はバッチリです。

・到着時刻
早く着きすぎても迷惑をかけてしまう可能性が高いので、早くても10分前、できれば3分~5分前くらいがベストです。

・携帯は電源オフ
常識ですが、携帯電話は必ず電源を切りましょう。マナーモードだと、バイブレーションが鳴ってしまう可能性があるので避けたほうが無難です。

・挨拶はハキハキと元気よく
第一印象を与える大きなポイントです。相手の目を見て、しっかりと自分の名前と面接にきた旨を伝えましょう。

・イスに座るタイミング
必ず「どうぞおかけになってください」と言われてから座りましょう。

・面接官以外の方にも印象よく
会場や園内で、面接官の方や園長先生以外の保育士さんとお会いするタイミングもよくあります。その際は笑顔で「こんにちは」と挨拶をするように心がけましょう。


<まとめ>

いかがでしたでしょうか。上記の服装とマナーを守れれば、第一印象はバッチリです。面接官の方によい印象を与えられるように、面接の前にもう一度この記事をチェックしてください!多くの保育士さんが、自分の働きたい保育園で働けますように。

関連記事もご覧ください

この記事が少しでもお役に立ったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。