保育士求人のTOPコラム保育士さんのキャリア > 派遣保育士という働き方!派遣のメリット・デメリットは!?

GAK96_tesuriniokaretahanataba_TP_V

派遣保育士という働き方!派遣のメリット・デメリットは!?

目 次

保育士にもさまざまな雇用形態がありますね。今回は言葉だけ気になっている方も多い「派遣保育士」をピックアップします!
知っているという方も、メリット・デメリットや求人の探し方までご紹介しますのでぜひご覧ください。
理想の働き方は人それぞれですが、その中に「派遣保育士」という選択肢を入れてみませんか?


派遣保育士とは 他の雇用形態との違い

派遣保育士とは

派遣会社(派遣元)に登録(雇用契約)をし、担当者(コーディネーター)から自分にあった保育園を紹介され、派遣先の保育園へと勤務する「派遣社員の保育士」のことです。
いわゆる、自分と保育園との間を「仲介してくれる会社に雇用」されている形ですね。
もちろん、保育園だけでなく認定こども園や託児所など児童福祉施設において、派遣元が契約をしている施設全般が求人対象となり、働くことができます。
また、保育士資格が必須条件という求人も多いですが、保育士資格を持っていない方でも、保育士資格取得を目指したい方でもチャレンジできる可能性があります。

他の雇用形態と派遣保育士との違いについて

≪正社員≫
派遣社員と違い、雇用期間に制限はなく安定して働ける形態ですね。業務内容は多岐にわたり責任の重い仕事や残業も余儀なくされます。

≪契約社員≫
派遣社員と混同する方も多いと思いますが、契約社員は実際に働く保育園と「直接」雇用契約を結びます。なので、派遣元を介入させないので、直接自分で給料など交渉をします。裏を返せば、相談の回答などは手早く得られます。契約満了となった場合には、またイチから自分でお仕事を探さなくてはなりません。

≪パート・アルバイト≫
時給や日給で働く働き方です。他の雇用形態と比べて、比較的短い日数・時間の就業となり、お給料や昇給はあまり期待できませんね。仕事の責任範囲も限定されます。


派遣社員の保育士さんのメリット

派遣保育士の良い点を一挙にご紹介します。

コーディネーターと相談しながらじっくり勤務先を選べる!

派遣元が契約している保育園の求人をコーディネーターと一緒に長所・短所を含めて吟味しながら探すことができます。
その際に条件の噛み合わせもできますね。

交渉ごとはコーディネーターにお任せを!

働く側から、なかなか企業に直接言うことは難しい希望(特に金銭面など)をコーディネーターが代わりに交渉してくれます。
言いづらい内容でも、直接保育園に伝えるのと、コーディネーターに伝えるのでは、言いやすさの点で大きな違いがあり、気持ちも軽くなるかと思います。

高時給で好条件なことが多い!

時給制のため、契約社員よりも割高である事も多いです。
加えて、給与面で考えると好条件のお仕事が多いのも魅力です!
さらに、正社員と比較して、残業なしという条件も多く、残業代が支給されないということもないので安心できるポイントですね。

勤務開始後も、コーディネーターがしっかり間に入ります!

派遣会社というワンクッションを大いに活用してください!
無理な残業を指示したり、契約内容から外れた業務を頼んだりしないよう、派遣会社がしっかり見守ってくれています。
また、人間関係の相談や直接で言いにくいことをコーディネーターが間に入り確認・相談・交渉などしてくれますよ。
本当はNOと言いたいけど言えない方にはとてもメリットになります。

契約期間満了となった際のサポートがあります!

あらかじめ決められていた雇用期間が終了になった場合でも、すぐに、次の勤務先を派遣元から紹介される場合が多いので、自分で探す手間がありません!
また、紹介予定派遣という形で正社員へとして登用可能なことも。


派遣社員の保育士さんのデメリット

メリットがたくさんありましたが、デメリットも以下のようにいくつかあります。確認しておきましょう!

安定性の不安

契約期間が終了した場合、必ず延長になる保証はないので、同じ保育園にずっと続けて働けるかどうか分かりません。
また、経営状態の具合で、契約途中で切られてしまうケースもまれにあります。

特別なお金が出ない

ボーナスが出ない、ごくまれに交通費が出ないといった、収入面での不安要素も挙げられます。

責任のある重い仕事に就くことがむずかしい

正社員との差で比べてみると、期間が決まった仕事になるため、責任のある仕事に就かせてもらえないなどのデメリットもあります。


派遣保育士になるには?

それでは、派遣社員の保育士さんについて、詳細にわかったところで、派遣会社に派遣登録してから、保育士に就職するまでの流れを見ていきましょう。

  1. まず、派遣登録したい派遣会社に行く。
    この一歩から派遣保育士への道が始まりますので、ここでは、自分の情報をしっかりと派遣会社に伝え、登録してもらう必要があります。
    一般的には、登録シートに個人情報の他、希望職種や過去の転職経歴など、かなり細かくさまざまな情報を記入していきます。面倒な作業ですが、この登録シートにより、紹介される保育園も決まってきますので、頑張って記入しましょう。また、転職履歴などはあらかじめメモをしていくと、書き写すだけなので時間の短縮にもなりますよ。
  2. 担当コーディネーターとの面談をする。
    担当コーディネーターが、後日、自分の条件にあった保育園を探し出してくれます。一般の企業面接と同じように緊張感を持ちつつも、笑顔で積極的に自己アピールを心がけましょう。また、これだけは譲れない、という条件ははっきりと伝えておくこともお大事です。
  3. コーディネーターから派遣先保育園決定の連絡が来る。
    派遣先の保育園が決まったら、担当コーディネーターから連絡が来ます。そして、多くの場合、保育園との顔合わせの面談があります。ここでは、正社員の面談と同様、誠意を持って、ここで働きたいという気持ちをしっかりと伝えましょう。
  4. 採用されることが無事に決まったら、保育園側ではなく、担当コーディネーターから連絡が来ます。そして、派遣会社との雇用契約を結ぶこととなります。
    雇用契約の書類は、概ね3枚複写になっていて、派遣先保育園、派遣会社、派遣社員のそれぞれが保管しておくことになっています。重要な書類ですので、必ず保管しておきましょう。

さあ、いよいよ憧れの派遣社員保育士です。
なにか困ったことがあれば、担当コーディネーターのサポートもついています。
自信を持って仕事に専念しましょう。

ERY86_nyuansucolbara20140512_TP_V


まとめ

いかがでしたでしょうか?
派遣保育士の良さも悪さもあるのが現実です。しかし、それはどの雇用形態でも同じことが言えるものです。
重要なのは「自分の一番守りたい生活スタイルに合った働き方」を選択すること!
また、どこの派遣会社に登録するかも大切ですね。登録先に失敗して、貴重な時間が無駄にならないようにしっかり派遣会社の見極めを行いましょう!
ですので、最後に派遣会社を選ぶ際に、失敗しないPOINTをまとめます。

POINT1:自分が働きたい職種に特化しており、どのくらいの求人件数があるのか

まずは一般的には「保育士 派遣社員」と検索すると、数多くの派遣会社がヒットするかと思います。
よし、面倒だから1番上のものだけでいいか・・・、と簡単に決めてはダメです!
よくよく調べると、それぞれの派遣会社によって得意な業種や分野があります。
自分がなりたいお仕事がどのくらいの紹介数・求人数があるのか、事前によく調べておきましょう。
なぜなら、自分が就きたい職種の専門の会社だからこそ、事情も把握をしてくれて、親身になってくれる可能性が高いからです。
また、求人件数が多ければ多いほど単純にも窓口が広がり、自分にピッタリの保育園がみつかります。

POINT2:親身になってくれる派遣会社であるかどうか

継続的に積極的にお仕事の紹介をしてくれるかどうかは、とても重要になってきます。
雇用契約が終了すると、また新たな働き口を探さなくてはなりません。
契約満了後も、継続的にフォローしてくれる派遣会社に登録すれば、安心して働くことができますね。

POINT3:福利厚生や研修などが充実しているか

派遣社員は、派遣元の福利厚生を受けることになりますので、とても気にすべきところかと思います。
中には、研修が充実している会社もあります。
自分が欲しいと感じるサポートがあるかどうかを調べて、派遣会社を絞り込むのも良いでしょう。

POINT4:コーディネーターの対応が良いか

なかには自分が提示した希望条件とは大きく違った保育園を勧めてくるやコーディネーターが居たり、数日後に電話をしたらコーディネーターが代わっていたなど、不信感に繋がり安心できないことも。
その原因は様々かと思いますが、結果として、社内環境や雰囲気が良くない可能性もあります。
そのような気配を感じる会社は、登録を見合わせたほうがよいでしょう。

いずれにしても、いくつかの候補を見つけたら1つの派遣会社に絞るのではなく、とくにPOINT2~4を確認するの為にも、複数の会社に実際に登録して、お話や説明会などに行き、自分に合った派遣会社を見つけましょう。

ここでちょっとだけオススメさせてください!
ほいくジョブでも「派遣社員」も取り扱っています☆

●非公開な求人まで保有した「豊富なご紹介求人数」を誇っています!
●おひとりおひとりに合わせ親身となってくれるコーディネーターを駐在!
●充実した福利厚生のご用意!

全力であなたをサポートする体制を整えています♪

まずは簡単なご質問から詳しいご説明まで、お気軽にお問い合わせください♪

関連記事もご覧ください

この記事が少しでもお役に立ったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。